水素吸入器・水素水サーバーの販売店5選 > 基礎知識一覧 > 水素水サーバーは設置型と持ち運び型はどちらが人気?

一覧はこちらから

水素水サーバーは設置型と持ち運び型はどちらが人気?

水素水サーバーは設置型と持ち運び型はどちらが人気?

水素水サーバーは、設置型と持ち運び型が存在します。設置型は人の背丈くらいのサイズがあり、ウォーターサーバーのような形をしているものもあります。一方持ち運び型は、炊飯器くらいの大きさで、自宅のどこにでも持ち運べるようになっています。水素水サーバーでも人気を二分する設置型と持ち運び型ですが、どういった点が人気なのか見て行くことにしましょう。

設置型の水素水サーバーは大型なので、高濃度の水素水を作り出せる飽和式を採用しています。飽和式は、電解式と比べると、より高濃度の水素水が作れます。設置型の水素水サーバーは家庭向けの製品も登場していますが、ほとんどがレンタル方式です。基本料金は月々だいたい3000円となっており、12ヵ月で3万6000円ほどです。
設置型は定期的にボトルを交換してくれたり、メンテナンスをしてくれるので、自分で管理する必要はほぼありません。サーバーには、ボトル交換型と、水道水に直結するタイプの2種類があります。水道水直結型ならボトルを交換する作業がなくなります。唯一の難点としては、スペースを取るところですが、家族が何人もいる家庭では、設置型の水素水サーバーの方が、需要が高くなります。

持ち運び型の利点は、その軽さです。4キロから7キロくらいなので、置き場所は自分で選ぶことができます。なかには、サーバーの中には水素吸入器と一体になっている製品も存在しています。持ち運び型の水素水サーバーは、電解式を採用しています。濃度は若干薄くなりますが、その分スイッチを入れてから水素水が生成されるまでの時間が短いのが特徴です。機種にもよりますが生成に要する時間は平均5分、最新式のものなら1分で1リットルの水素水を作ることができます。
持ち運び型の場合は機器のなかにあるタンクの水を交換するので、少し手間に感じるところもありますが、一度に最大4リットル入る機種もあります。設置型は家族が大勢いる家庭向けでしたが、持ち運び型は独身の方や、核家族の世帯におすすめと言えます。朝起きてすぐに飲みたい方や、室内トレーニングの後ですぐに水分補給したいなど、ピンポイントでの利用を考えている人には持ち運び型のサーバーを選ぶ傾向にあります。

水素水サーバーのおすすめタイプは利用目的によって異なってくるので、一概には言えません。ただいずれにしても、どちらのタイプもメリットが満載なので、購入するにしても、レンタルするにしてもよく考えてから行動したほうがいいでしょう。

ランキング一覧はこちらから