水素吸入器・水素水サーバーの販売店5選 > 基礎知識一覧 > 水素吸入器を使用するタイミングや最適な使用頻度とは?

一覧はこちらから

水素吸入器を使用するタイミングや最適な使用頻度とは?

水素吸入器を使用するタイミングや最適な使用頻度とは?

水素吸入器をこれから購入したい、または興味がある人にとって、水素はどのタイミングで吸ったらいいのかわからないという人もいるはずです。水素吸入器は安くない買い物ですから、購入前に知りたいという人もいるでしょう。水素吸入器には大きく分けて業務用、家庭用、携帯用があり、今回は家庭用と携帯用に絞って、使用するタイミングや頻度について解説していきます。

家庭用は主に設置型ですが、手軽に持ち運びができるようになっているものがあります。大きさで例えれば大体、炊飯器からストーブくらいの大きさです。水素吸入器はそれほど大きくはなく、室内のどこにでも運ぶことができるので、自分の吸いたいタイミングを選べます。ただ、水素吸入器は水を電気分解して水素を発生させ、それを酸素と一緒に吸入する仕組みとなっています。生成するまでの所要時間は機種によっても変わってくるので、もし朝起きてすぐに吸入したいのであれば、生成時間の短い機器を購入するといいでしょう。

しかし、持ち運び可能といっても5キロほどあるので、外出時に持って行くのは難しいです。仕事先、あるいはジョギング中に吸いたい場合、こうしたタイプのものは不向きです。そういう時に役立つのが携帯用の水素吸入器です。携帯用なら、カバンやポケットに入る小さなサイズとなっているので、仕事の合間、もしくはジョギングの休憩中に取り出して水素を体内に補充することができます。携帯用には、無電池式のものと電池式のものがあります。無電池式はケイ素と水を混ぜることで水素を発生させます。電池式は、電解水をカートリッジにセットし、スイッチを押す事で水素を生成します。どちらも専用のフレーバー液が用意されているので、気分転換に臭いを変えられます。吸う動作がタバコに似ているので、禁煙中に手持無沙汰という人も、代用品として携帯用水素吸入器を使ってみるのもいいかも知れません。

一般的に家庭用の方が水素濃度が高いので、1日に1~3回ほどで済みます。携帯用は家庭用に比べて少し濃度が薄いので、1回の吸引量が少なく、何度か吸う必要があります。ただ場所を選ばない携帯用は持ち運びにとても便利なので、どんな場面でも使えるのは大きな強みと言えるでしょう。

そして水素吸入器を使用するタイミングですが、ルールが決まっているわけではなく、いつ使用しても問題ありません。ただ、機器によってはどこでも使えるというわけではありませんので、インドア派の方なら家庭用、仕事柄外に出る事が多い方は携帯用を選ぶといった具合に、ライフスタイルに合わせて最適な水素吸入器を選ぶことが大切です。

ランキング一覧はこちらから