水素吸入器・水素水サーバーの販売店5選 > 基礎知識一覧 > 水素吸入器の使用方法と注意点

一覧はこちらから

水素吸入器の使用方法と注意点

水素吸入器の使用方法と注意点

近年、人気を集めている水素吸入器。ご家庭にも設置してみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。ただ、使い方がよくわからないという人も多いはずです。そこでこのコラムでは、水素吸入器の使用方法と注意点について解説していきます。

そもそも水素吸入器の仕組みがどうなっているのかを最初に話しておきます。水素吸入器のなかには水を入れるタンクがあります。その水を電気分解することで水の中から水素を取り出し、摂取するという方式になっています。操作はわかりやすいタッチパネル方式になっている製品も多いので、難しい操作はありません。水は定期的に継ぎ足していく必要がありますが、大容量のものならこまめに水を入れる必要はありません。基本的にポピュラーな電気分解式であれば、水の交換に気を配っていれば安全です。

加熱蒸気分解式という吸入器もありますが、こちらは取り扱いに若干注意が必要です。加熱蒸気分解式は、水を加熱し、その蒸気をまた熱して、濃度の高い酸素と水素を吸入するものです。家庭用の蒸気分解式サーバーの場合、タンクのすぐ横に加熱するためのカートリッジが取り付けられています。そのため、運転中に直接カートリッジに触れると火傷をする恐れがあるので、使用時には注意する必要があります。

また、近年ではより手軽に扱える携帯型の水素吸入器が登場しています。大きさは手のひらにおさまるサイズです。業務用の大型機器や、卓上型の水素吸入器に比べると、どこでも持ち運べる便利さが人気を集めています。携帯型はカートリッジ内に電気分解された水をいれ、スイッチを入れることで水素を吸入することができるようになります。電池式ではなく充電式なので繰り返し使えるようになっています。
そして、電解水の中にアロマも混ぜることができるので、その日の気分によって香りを変えることもできます。携帯型吸入器は、使用回数が多くなるためこまめな掃除が必要になります。強いて注意点を挙げるとすれば、1日に数回吸入することになるため、こまめな掃除が欠かせないということです。ただ、携帯型吸入器のなかには、パーツ交換で済む物もあるので、そちらを購入すれば面倒なことはほとんどなくなります。

水素吸入器自体に危険性と呼べるものはほとんどなく、日常的に使っている限りでは、危険を感じることはほぼないと言っていいでしょう。どうしても気になる方は、保証のある製品を選んでおきましょう。

ランキング一覧はこちらから